初日でバイトを来るようにする為に

アルバイトを抱えている店長の中には採用したのに初日来ない人達がいて頭を抱える事態になる経験があると思います。正社員や契約社員とは違い、社会的義務を背負わない高校生や若い人達が多い為、そのような事態を招くことはよくあると思います。飲食店を中心にマーケティングを行ったデータによりますとアルバイトの約2割は1か月以内に辞め、5%の割合で初日に辞める人がいる統計を発表しています。

 

通常そのような方に出会ってしまったら身勝手な奴だと愚痴をこぼして終わりというパターンになりますが、この問題に対しその発生確率を低くする取り組みが行われています。それが事前連絡の方法を教える事です。

 

調査結果によると初日でバイトに行かない人は当時に予定が入り、いけない事を伝える事が気まずい為、そのまま雲隠れするのが大半の理由とされています。その為、当日でも何かがあれば事前に連絡がほしいという事を採用の際に言うだけで事態を回避する事に繋がります。故に初日いけない気まずさをどのように和らげるかがこの問題に関する解決策と言えます。